うもうマークCENCEPT

真羽毛100% うもうマーク

真羽毛100% Made in Japan
  • 監査機関に認証されたトレーサビリティシステムにより飼育地域の特定が可能です。
  • 世界各地で長期間飼育され成熟した稀少な水鳥から採れたうもうのみを使用しています。
  • 一般的な羽毛に含まれている以下のものを含んでいません。
  • ひな鳥の羽毛・若鶏の未熟羽毛・クラッシュフェザー・中古羽毛
  • ホコリが非常に少ないうもうです。
  • 品質にこだわり、日本で丁寧に洗浄・精製加工されたうもうです。

Traceability System

Traumpass - Fashion

TRAUMPASS
河田フェザーではヨーロッパの監査機関により認証された「Traumpass-Fashion」を取得し、トレーサビリティシステムを確立しています。河田フェザーだけではなく羽毛供給ルートすべての企業が監査機関に認証されたトレーサビリティシステムを採用することにより飼育地域の特定でき、氏素性がトレース可能となります。しかしそれだけでは満足せず、独自のトレーサビリティシステムも構築しています。

EDFA(European Down and Feather Association)

EDFA

また河田フェザーでは「EDFA」の認証も取得し、さらにトレーサビリティシステムの強化に努めています。

1980年に設立された欧州羽毛および寝具産業協会は現在23カ国からの90もの企業および各国の組合から組織されています。
EDFAはガチョウとアヒルのダウンやフェザーは鳥肉の生産過程で発生する天然の副産物であり、規則に準した羽毛の収集およびダウンとフェザーの充填物の正しい標識化を保証する規格です。

生きている水鳥からの羽毛採取は、新しい羽が生え始め、前の羽が抜け落ちる、水鳥の羽の生え換わりの期間であるハーベスト(換羽期)にのみ行われます。